日ロ地域間交流の促進と協力関係の強化を目指して

  • お知らせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • ロシア語ページへ
ホーム - 日ロ沿岸市長会会員市情報

日ロ沿岸市長会会員市情報

富山市

 

人 口 415,904人(平成31年3月末現在)
面 積 1,241.77㎢
市長名 森 雅志(もり まさし)
市役所の所在地 〒930-8510 富山県富山市新桜町7番38号
担当部署名 商工労働部商業労政課

TEL   076-443-2070

FAX   076-443-2183

E-mail  syogyorosei-01@city.toyama.lg.jp

ホームページ www.city.toyama.toyama.jp/
観光情報 www.toyamashi-kankoukyoukai.jp/
  閲覧可能言語:英語、繁体字、簡体字、韓国語
◆市のPR

 富山市は、日本海側のほぼ中央に位置し、水深1,000mの「海の幸の宝庫」富山湾から標高3,000m級の北アルプス立山連峰まで、標高差約4,000mの多様な地勢と雄大な自然を誇るとともに、「薬都富山」として全国にその名が知られており、また、製薬業をはじめとする様々な産業基盤と高度な都市機能、そして、多様な文化と歴史を併せ持つ日本海側有数の中核都市である。

 本市では、人口減少と少子・超高齢社会の進行や過度な自動車依存による公共交通の衰退、市街地の低密度化などの課題に対応し、将来にわたって持続可能な都市を構築していくため、これまでの10余年、「公共交通を軸とした拠点集中型のコンパクトなまちづくり」を政策の基本に据え、様々な施策を推進してきた。

 その結果、本市では現在、都心地区や公共交通沿線地区を中心に、人口の社会増が続いており、近年では、市内の全用途の平均地価に上昇が見られるなど、コンパクトなまちづくり政策の効果がいくつも現れ始めているところである。

 このような中、本市は、国の「環境モデル都市」や「環境未来都市」をはじめ、ロックフェラー財団の「100のレジリエント・シティ」、世界銀行の「都市パートナーシップ・プログラム」、国際連合の「エネルギー効率改善都市」、さらに昨年6月には「SDGs未来都市」として全国29都市の一つに選定されるなど、国内はもとより、世界の多くの都市が抱える課題の解決に向けた一つのモデルとなる都市として、国際的にも高い評価を頂くとともに、大きな期待を寄せられている。

<< 戻る

このページのトップへ